「左手キャッチ」4級@B-PUMP秋葉原

全体図

aki_4_2_5

オブザベーション

右側に移動する時、左手で小さいホールド保持できるか。

結果

2手目は先に右手で保持して、左手でマッチするとスムーズに上がれる。
右側に移動した後、大きいホールドの左上にある小さいホールドを左手で保持できるかが核心ポイント。右足を乗せた状態で左手を取りに行くと、体が後ろに振られてしまうため、剥がれやすい。足を左足に踏み替えて、右足を思い切り下におろすことで体重が右側にかかり、左手で保持する時に後ろではなく、右側に振られるようになる。左手のホールドは形状的に右方向への力には耐えやすいので、左手を取りに行く時に右に重心を持って行くのが鍵。
体が柔らかい人は、左手のホールドにヒールフックをかけて抑えることも可能。